ペイディが使えなくなった?原因と対処法を解説!代用できる類似アプリも紹介

後払いアプリ「ペイディ」は、現金が手元になくても後払いでお買い物ができる便利なアプリです。

しかし、ペイディを利用する際に、何らかの原因で決済ができなくなる場合があります。

今回は、ペイディが使えなくなった原因と対処法について解説します。

また、ペイディが使えなくなった場合の代用になる、おすすめ後払いアプリも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ペイディが使えなくなった?主な原因と対処法

ペイディが使えなくなった原因は、主に以下の5つです。

  • 未払いがある
  • 利用可能額を超えている
  • 不正利用を疑われた可能性がある
  • 本人確認未完了の状態で本人確認が必要な店舗でペイディを利用した
  • ペイディが利用停止になっている

それぞれの原因と対処法を詳しく解説していきます。

未払いがある

支払期日を過ぎた未払い分があると、ペイディが使えない場合があります。未払いが1回〜ほんの数回なら、支払いさえ済ませれば再びペイディができる可能性があります。

しかし、頻繁に滞納している場合や、滞納が長期に及んでいる場合は、利用停止になる可能性が高いです。

利用可能額を超えている

利用可能額をオーバーしてしまった場合、ペイディの利用ができなくなります。ペイディの利用可能額はユーザーごとに異なる仕組みです。

ペイディアプリで本人確認をしていない場合は、利用可能額を把握できません。利用可能額を把握するには、ペイディアプリで本人確認を完了させておきましょう。

不正利用を疑われた可能性がある

転売や現金化など不正利用を疑われた場合、ペイディが利用停止になる恐れがあります。

利用者に転売・現金化の意図がなくても、上記の買い物をすれば、不正利用と判断される可能性が高いです。

普段購入しない高額な商品の購入、ブランド品など換金性の高い商品の購入などがあった場合、不正利用を疑われやすくなります。

「少額利用に留める」「高額商品はペイディで実績を積んでから購入する」など、地道に利用実績を積んでいくことが大切です。

本人確認未完了の状態で本人確認が必要な店舗でペイディを利用した

ペイディ利用の際、本人確認が必須の店舗もあります。そのようなお店で、本人確認未完了の状態のペイディを利用しても、決済承認はされません。

買い物を続けたい場合は、ペイディの本人確認を完了させるか、他の支払い方法を選択しましょう。

ペイディが利用停止になっている

ペイディは、不正利用の発覚で利用停止になる可能性があります。また、ペイディ以外のあと払いアプリ利用でトラブルがあった場合も、同様です。

ペイディは一度利用停止になると、再開できる見込みがほぼありません。ペイディ以外のアプリや金融機関の利用をしましょう。

ペイディの分割払いが使えない原因と対処法

ペイディプラスにアップグレードすると、手数料無料の分割払いが利用できます。しかし分割払いの審査に通過しないと利用できません。

分割払いができない原因は以下の通りです。

  • 今月の上限額を超えている
  • 高額の商品を分割購入しようとしている
  • 過去に支払いの延滞・滞納があった
  • 過去に他社で金融事故を起こした

ペイディは、利用状況に応じて、限度額の増額や分割払いの可否が判断されます。

ペイディの支払いや分割払いの審査に通過するには、ペイディの利用回数を増やす、滞納しないといった利用実績が重要です。

特に利用実績が少ないうちは、分割払いの審査通過は難しいかもしれません。

まずは半年から1年以上、毎月一括払いを遅れずに支払うといった実績を積んでから、分割払いを試してみてください。

ペイディが使えなくなった場合の代用に!おすすめアプリ3選

ペイディが使えなくなった時は、以下の後払いアプリを試してみてください。

  • メルペイ
  • バンドルカード
  • atone

それぞれのアプリについて、詳しく解説していきます。

メルペイ

メルペイは、現金やメルカリ売上金のチャージが可能なアプリです。本人確認をすれば、メルペイスマート払いという後払いも利用できます。メルペイスマートは本人確認のみで、収入や信用情報の確認はありません。

メルペイスマート払いの限度額は、1万円〜30万円です。限度額はメルカリの利用頻度で変動します。

また、支払い方法はコンビニ/ATM・自動引き落とし・メルペイ残高の3種類です。

メルペイ残高・コンビニ/ATMでの支払いは翌月末まで、自動引き落としは支払日を翌月の6日・11日・16日・21日・26日から選択できます。

バンドルカード

バンドルカードは、最短1分でネット専用のバーチャルカードが発行できるアプリです。

後払いチャージ機能には、「ポチっとチャージ」と「ドコモ払い」の2種類があります。

ポチっとチャージは、バンドルカードの利用状況に応じ、5,000円~5万円まで後払いでチャージできます。

翌月末までに、チャージ金額に応じた510円~1,830円のチャージ手数料と合せて支払う仕組みです。

一方のドコモ払いは、ドコモユーザー限定の機能で、最大10万円まで審査なしでチャージできます。

チャージ金額と、入金額に応じた手数料300円~6,150円を合わせて、月々のドコモ携帯料金と合算して支払います。

atone

atoneは、アーバンリサーチやQoo10など、人気コスメ・ファッションサイトで利用できる後払いアプリです。

クレジットカード不要、携帯電話番号とパスワードの入力で、最大5万円まで後払いができます。

支払い方法と支払い期限は、コンビニ払いが翌月10日、ハガキ請求書が翌月20日、口座振替が毎月27日です。

また、コンビニ払いとハガキ請求書は190円の請求手数料がかかりますが、口座振替は無料です。

決済承認のためのポイントを押さえて快適なペイディ利用を!

今回解説した原因と対処法を理解しておけば、いざペイディが使えなくなった時も焦らずに対応できます。

今まさにペイディが使えなくて困っている人は、ぜひ参考にして問題を解決してみてください。

また、ペイディの代用アプリとして、他にはどんなアプリが存在するのか確認しておくと、いざという時に便利です。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、アメックスカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次