ペイディ現金化の方法を解説!知らないとヤバい注意点とリスク管理とは?

ペイディ現金化の方法を解説!知らないとヤバい注意点とリスク管理とは?

突然の出費や支払いが必要な状況において、その時に限って現金が不足しているという状況があると思います。

そういった場合の対応として有名なのが現金化です。

現金化の代表的な方法はクレジットカードを利用することですが、中にはクレジットカード自体を持っていない方もいるでしょう。

しかし、クレジットカードを持っていない方や審査に通らずカードを取得できない方でも、現金化は可能です。

銀行からの借り入れができない、またクレジットカードを持っていない方におすすめなのが、ペイディを利用した現金化です。

本記事ではペイディの仕組み、現金化の手順、メリットや注意点などについて、詳しく解説していきます。

目次

ペイディ現金化とは

ペイディ現金化を行うには、大きく分けて「自分で商品を購入して売却する方法」と「現金化を専門とする業者に依頼する方法」の2つが存在します。

業者に依頼する場合は手数料が発生するため、多額の現金化を希望する方にとっては自分で行う方法が選択肢となります。

ペイディ現金化の手順

ここからはペイディ現金化の具体的な方法と手順を説明します。

ペイディの現金化の手順はとても簡単なので、誰でもスムーズに行うことができます。

ペイディアプリをダウンロード

まずは、Apple StoreまたはGoogle Playでペイディを検索し、該当ページを見つけたらダウンロードします。

ダウンロードが完了し、登録の際には、電話番号やメールアドレスなど、最低限必要な情報を入力するだけで完了します。

登録手続きはとても簡単で、たったの1分程度で使用することができるようになります。

審査などの待ち時間もほとんどないため、すぐに登録が完了します。

ペイディプラスにアップグレード

登録が完了したら、ペイディプラスというものにアップグレードします。

アップグレードするには、本人確認を行います。

ペイディの本人確認として利用できる書類は、運転免許証とマイナンバーカードの2つです。

マイナンバーカードの通知カードは顔写真がないため使えないので、注意してください。

本人確認をすることで、分割手数料無料(口座振替、銀行振込のみ)の3・6・12回あと払いなどの便利な機能が使えるようになるため、現金化が行いやすくなります。

さらに身分証明書による本人確認を徹底することで、詐欺・なりすまし行為を防止し、安心してお買い物が楽しめます。

ペイディ現金化の方法

ペイディの現金化を行う際、現金化の方法やコツを知らない場合は、自分で行うことは難しいかもしれません。

自分で現金化を行う場合には、高い換金率を持つ商品や中古市場で人気のある商品を見極める必要や、購入者を見つける作業なども必要です。

しかも、自分で商品を売却できたとしても、必ずしも高額で売れるとは限りません。

また、個人間でのやり取りだとトラブルのリスクもあります。

相手方が悪意を持って難くせをつけたり、トラブルが発生したりする可能性もあり、実際に、そのようなトラブル例も少なくありません。

一方、専門業者に依頼すれば、商品の選定から売却までの全ての手続きを業者が代行してくれるため、手間をかけることなく現金化を達成することができます。

現金化を初めて行うという方には、業者の利用がおすすめです。

業者に依頼すれば、安心して現金化を進めることができ、現金化の流れについて理解できるようになったら自分で行うことをおすすめします。

ペイディ現金化の魅力

ペイディ現金化には様々な魅力があります。

ここからはペイディ現金化の魅力について説明します。

クレジットカードの登録が不要である

ペイディは、メールアドレスと電話番号さえ登録すれば誰でも利用できるという特徴があります。

通常、他のサービスではクレジットカード情報の登録が必要な場合もありますし、面倒な会員登録手続きが必要な場合もあります。

しかし、ペイディではスマートフォンやインターネットに接続できる環境さえあれば、時間や場所を問わず、すぐに登録が完了します。

さらに、クレジットカードの情報は必要ありませんので、クレジットカードを持っていない人でも利用することができます。

あと払いシステム

多くの現金化を希望している人にとって、現金が必要な状況だけど手元に現金を持っていないという状態があるかと思います。

そのような人々にとって、後払い方式を採用しているペイディの登録が適しています。

ペイディでは支払い期限が翌月の10日に設定されています。

手元に現金がなく、お金の調整に多少の時間が必要な人でも、ペイディの支払いスケジュールなら安心です。

支払い期限が約1ヶ月あることで、余裕を持った返済計画を立てることも可能です。

ペイディ現金化の注意点とリスク管理

クレジットカードとは異なり、簡単に登録して即座に利用可能なペイディは、現金化を希望する人にとって頼もしい存在です。

しかし、ペイディの利用にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

ペイディ現金化を考えている方は、事前に注意すべきポイントを把握しておくことが重要です。

では、ペイディ現金化における注意事項について詳しく説明します。

ブラックリスト入りする可能性

ペイディなどを利用した現金化は、基本的には借入となります。

ペイディは後払いで商品の代金を支払い、その請求額はペイディに対して返済する必要があります。

返済を遅れずにきちんと行えば、信用度が向上しペイディの利用限度額が増える可能性もあります。

しかし、返済が延滞や滞納になると、返済能力が不足しているとみなされ、ペイディの利用が制限されたり、信用情報のブラックリスト入りする可能性があります。

さらに、返済が大幅に遅れた場合は、弁護士を介した債権回収の手続きが行われる可能性も高まります。

ペイディで現金化を行う際は、自分の残高を把握し、きちんと支払いを行うことが重要となります。

ペナルティを課せられる可能性

現金化は犯罪や違法行為ではないものの、各企業は利用規約において現金化を禁止しています。

ペイディの運営会社である株式会社ペイディも例外ではありません。

特にペイディは他の企業に比べて現金化に対して厳しい監視を行っており、怪しい購入履歴がある場合には、すぐに利用の確認連絡が届くことがあります。

もし現金化が発覚してしまった場合、ペイディは利用停止の処分を行ったり、未払い分を一括請求するなどの措置を取ることがあります。

ペイディで現金化を行う際は、ペナルティを課せられる可能性があるということを覚えておく必要があります。

高換金率の商品が購入できない可能性

ペイディを利用して商品を購入する際には、必ずしも利用限度額内であればどんな商品でも購入できるわけではありません。

実際には、ペイディの運営会社が設けている審査基準をクリアする必要があります。

具体的な審査基準は公式には明示されていませんが、利用実績や支払い状況などが基準として考慮されると予想されています。

審査基準をクリアしていないと商品が購入できない可能性があるということを覚えておきましょう。

ペイディ現金化のまとめ

本記事ではペイディ現金化について説明しました。

ペイディ現金化は、自己で商品を購入して売却する方法と業者に依頼する方法の2つがあります。

手数料を避けたい場合は自分で行う方法が選択肢になります。

具体的な手順は、まずペイディアプリをダウンロードし、登録手続きを簡単に済ませます。

その後、ペイディプラスにアップグレードして本人確認を行います。

現金化を行う際は、自分で行う場合には商品の選定や売却先の探索が必要ですが、専門業者に依頼すると手間をかけずに現金化ができます。

ただし、注意点として、ペイディ現金化によりブラックリスト入りやペナルティが課せられる可能性があることや、高換金率の商品が購入できない場合もあることがあります。

ペイディ現金化を行う際は、メリットと注意点について理解してから利用するようにしましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、VISAの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次