ペイディカードの限度額を上げる方法は?限度額の相場から対処法まで解説

ペイディカードの限度額を上げる方法は?限度額の相場から対処法まで解説

「ペイディカードを発行したけど、限度額が低くて買いたいものが買えない…」

「ペイディカードの限度額を上げて、もっと自由に買い物したい…」

ペイディカードの限度額が低いと、使いにくくて不便ですよね。

残念ながら、ペイディは増額申請ができません。

では、どうすればペイディカードの限度額を上げられるのでしょうか。

この記事では

  • ペイディカードの限度額を上げる方法
  • ペイディカードの限度額の相場
  • ペイディカード利用時の注意点
  • ペイディカードの限度額が上がらなかった時の対処法

をお伝えします。

まずは、1番気になる限度額を上げる方法について、確認しましょう。

目次

ペイディカードの限度額を上げる方法は?

  1. ペイディの利用実績を積む
  2. 支払いを口座振替にする
  3. PayPayと紐づける

ペイディカードの限度額は、ペイディ側の審査で設定されます。

ただし、その審査基準は公表されていません。

そのため、これから紹介する方法はペイディの通知やユーザーの口コミを基に推測した方法になります。

具体的な内容は以下の通りです。

1.ペイディの利用実績を積む

ペイディカードの限度額は、以下の情報を基に決められます。

  • ペイディの利用履歴
  • ペイディの支払い状況
  • 申請内容

したがって、ペイディを継続して利用する必要があります。

また、遅れることなく支払うことも重要です。

ペイディプラスに登録すると、信用情報機関に登録されます。

そのため、ペイディ以外の信用情報も確認されます。

他の信用情報で問題があるなら、解決しておきましょう。

ペイディに信頼される実績を積むことで、限度額が上がる可能性が高くなります

2.支払いを口座振替にする

口座振替でペイディの支払いをすると、信用を得やすいです。

なぜなら、口座振替の場合、滞納が起こりにくいからです。

実際、支払いを口座振替に設定すると限度額が上がったという声が複数見られました。

一方で、口座振替にしても上がらないという声も、少数ですがありました。

口座振替は限度額が上がる可能性の高い方法の1つとして、考えましょう。

3.PayPayと紐づける

ペイディカードをPayPayと紐づけると、限度額が25万円になったという声がいくつか見られました。

しかし、ペイディカードの限度額とペイディプラスの限度額が異なる場合、低いほうの限度額が適用されます

つまり、ペイディカードが25万円まで使えるようになっても、ペイディプラスの限度額が3万円だったら、3万円までしかカード利用ができないのです。

したがって、実際の利用限度額を上げたいのであれば、前述した「利用実績を積む」「口座振替を利用する」方法が効果的です。

ペイディカードの限度額の相場はいくら?

ペイディカードの限度額の相場は、約25万円です。

しかし、それは前述したPayPayと紐づけて利用している人が多いからです。

口コミやSNSを見る限り、実際の利用限度額が25万円の人はほとんどいませんでした。

体感では限度額が3万円だという声が最も多く、次いで5万円や10万円という声がよく見られました。

したがって、ペイディカードの実際の利用限度額の相場は3~10万円ではないかと考えられます。

ペイディカードを利用する際の注意点

カードの限度額が利用可能額とは限らない

限度額内の買い物でも購入できない場合がある

ペイディカードにPayPayを紐づけた場合、限度額が25万円になることがあります。

しかし、その限度額を鵜呑みにしてペイディカードを利用するのは危険です。

カード限度額内の利用のはずなのに、購入できない場合が出てくるからです。

なぜ購入できないのか、その理由を以下で確認しましょう。

1.カードの限度額が利用可能額とは限らない

ペイディカードの限度額とペイディプラスの限度額は、異なる場合があります。

その場合、限度額の低いほうが適用されます。

例えば、ペイディカードの限度額が25万円、ペイディプラスの限度額が3万円だとします。

この場合、ペイディカードの利用可能額は3万円になります。

ただし、ペイディカードの表記では限度額が25万円のままで、利用に応じて額が変動します

ややこしいですが、この場合はペイディプラスの利用可能額を確認して利用しましょう。

2.限度額内の買い物でも購入できない場合がある

ペイディを利用して商品を購入する場合、審査が入ります。

そのため、限度額内の買い物のはずなのに、審査に落ちて購入できない場合があります。

ペイディカードを利用しても、購入時に審査が入ります。

したがって、購入時の審査に落ちて購入できないことがあるのです。

ちなみに、審査に落ちやすい商品は以下になります。

  • ブランド品
  • 金券・ギフト券
  • パソコンやカメラなどの家電
  • チケット・切手

これらの商品は換金性が高いです。

ペイディは利用規約で以下のことを明記しています。

「3.会員は、現行紙幣・貨幣の購入、または、現金化を目的として商品・サービスの購入などに本サービスを使用してはならず、また違法な取引に使用してはならないものとします。」

ペイディプラス利用規約第9条より

よって、現金化目的を疑われる商品は審査に通らない、つまり購入できない場合があるのです。

ペイディカードの限度額が上がらなかったときの対処法

  1. Kyashを利用する
  2. バンドルカードを利用する

ペイディカードの限度額を上げるには、時間がかかります。

今すぐ買いたい時には、他の後払いサービスを利用しましょう。

Kyashやバンドルカードは、ペイディカードと共通している点があります。

以下で、詳しく確認しましょう。

1.Kyashを利用する

Kyashは、VISAプリペイドカードの機能があるアプリです。

「イマすぐ入金」機能を使えば、ペイディカードと同じ後払いで、買い物ができます。

ペイディカードとKyashの「イマすぐ入金」を以下の表で比較しました。

特徴ペイディカードKyash(イマすぐ入金)
申し込み条件ペイディプラスの登録(マイナンバーカードか運転免許証の提示)氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスの登録
利用可能店VISA加盟店(リアルカード作成で実店舗でも利用可能)VISA加盟店・QUICPay+加盟店(ネットショップ・実店舗どちらも利用可能)
審査カード申し込み時・商品購入時入金申し込み時
限度額利用者に準じる3,000~50,000円
手数料銀行振込・コンビニ支払いの場合は手数料あり/口座引き落としは手数料なし500~1,800円(2023年12月現在)

ペイディカードと違い、Kyashは本人確認なしでも入金を申し込むことができます。

利用可能店は、ペイディカード・KyashのどちらもVISA加盟店で利用可能です。

通常のKyash利用には審査がありません。

しかし、イマすぐ入金の場合は申し込み時に審査が入ります。

イマすぐ入金の限度額は、本人確認の有無やKyashの利用状況によって決められます。

したがって、誰もが5万円借りられるとは限りません。

ペイディカードは口座引き落としを選択すると、手数料がかかりません。

対して、Kyashのイマすぐ入金は、支払い方法に関わらず利用額に応じた手数料が発生します。

2.バンドルカードを利用する

バンドルカードもVISA加盟店で使えるプリペイド機能のアプリです。

しかし、ポチっとチャージを使えば、ペイディカードのように後払いで利用できます。

ペイディカードとバンドルカードの「ポチっとチャージ」の比較は、以下の通りです。

特徴ペイディカードバンドルカード((ポチっとチャージ)
申し込み条件ペイディプラスの登録(マイナンバーカードか運転免許証の提示)氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号の登録
利用可能店VISA加盟店(リアルカード作成で実店舗でも利用可能)VISA加盟店(ネットショップ・実店舗どちらも利用可能/リアル+の場合はガソリンスタンド、宿泊施設、海外Visa加盟店も利用可能)
審査カード申し込み時・商品購入時利用申し込み時
限度額利用者に準じる3,000~50,000円
手数料銀行振込・コンビニ支払いの場合は手数料あり/口座引き落としは手数料なし510~1,830円(2023年12月現在)

バンドルカードも、本人確認をせずに利用できます。

ペイディカードと同じで、バンドルカードもVISA加盟店なら、ネットでも実店舗でも買い物できます。

ポチっとチャージは利用申し込み時に審査されます。

その審査結果によって、利用限度額が変わります。

また、支払い方法に関わらず利用額に応じた手数料がかかります。

まとめ

  • 利用実績を積むことで、ペイディカードの限度額が上がる
  • ペイディカードの実際利用可能額の相場は、3~10万円
  • カード限度額内であっても、購入できるとは限らないので注意
  • 限度額が上がらなかった場合は、Kyashやバンドルカードの利用がおすすめ

後払いサービスの利用可能額を上げるには、信用を積み重ねる必要があります。

ペイディカードはKyashやバンドルカードと違い、10万円、人によっては20万円利用できる可能性があります。

今すぐには限度額が上がらなくても、コツコツ実績を積み上げてみてくださいね。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、アトネ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次