ペイディの超あと払いとは?利用するメリット・デメリットを解説

ペイディの超あと払いとは?利用するメリット・デメリットを解説

ペイディの「超あと払い」という決済サービスをご存知でしょうか。この決済方法は、ファッション通販サイトのSHOPLIST(ショップリスト)で、お買い物をした3ヵ月後に一括して支払うことができるサービスです。

ペイディは、お買い物をした翌月にまとめて支払いすることができる、あと払い決済サービスです。ペイディは、メールアドレスと携帯番号だけで新規登録することが可能で、年会費も無料です。その利便性から、10代、20代の若年層や、クレジットカードを持たない人などが普段使いとして利用しており、アプリは1,000万ダウンロードを達成しました。超あと払いは、支払いまでかなり余裕があり、クレジットカード不要で利用ができるためとても便利です。「超あと払い」のサービスや利用条件、メリット、デメリットを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ペイディの超あと払いとは?

「超あと払い」は、SHOPLIST.com by CROOZとペイディが提供する、ショップリスト専用の決済サービスです。メールアドレスと携帯電話番号だけで利用でき、事前登録、クレジットカード不要です。

お買い物をした利用月から3ヶ月後にまとめて支払うことができます。例えば、7月8日に購入した場合、10月1日から3日の間に請求案内がメール・SMSで届き、10月10日までにコンビニ払い、銀行振込、もしくは口座振替(引落は10月12日)で支払います。ただし、早めに支払いたい場合は、2ヶ月後の月初に利用明細がアプリに表示されるとすぐに支払うことも可能です。一回の注文ごとに440円(税込)の決済手数料が掛かります。19才以上から利用が可能で、審査は通常のペイディとは異なります。1円から100,000円(税込)までの支払いに利用することができます。

超あと払いが利用できる「SHOPLIST」とは

ファッション通販サイトの「ショップリスト」は、多くのブランドを取り扱っており、幅広いジャンルのファストファッションを楽しむことができるのが特徴です。レディースはもちろん、メンズ、キッズも取り扱っており、トレンドの服も手頃な価格で購入できます。ファストファッション以外のブランドも多く取り扱うようになってきているので、気になるブランドの服があれば、一度検索してみてください。定価では手が届きにくいブランド品も安く購入することができます。

ファッション以外にも、美容・健康家電、家具やインテリア雑貨、キッチン用品などさまざまジャンルの商品を取り扱っており、お得なセールやイベントを毎日開催しています。

SHOPLIST公式サイトはこちら

超あと払いの支払い方法

  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • 口座振替

コンビニ払いは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セイコーマートなどで支払いが可能で、支払い手数料は発生しません。

銀行振込の場合は、メールやSMSで送られてくる「お客様専用振込口座」を利用して振込みます。振込手数料は自己負担となり、銀行により金額は異なります。

口座振替は支払い手数料は無料です。ご利用履歴には、引き落とし日から約3〜5日営業後に反映されます。

引き落とし日に残高が不足した場合は、案内のメールが届き、コンビニまたは銀行振込での支払いとなります。その際には遅延料金が発生することがありますので注意が必要です。

超あと払いの審査

超あと払いは、支払いまでの期限が長いため、通常のペイディとは違う与信審査が行われます。申し込みの際には、氏名・生年月日・住所の入力が必要となり、株式会社CICという信用情報機関に照会・利用・登録されます。クレジットカードや各種ローンなどの過去の取引や、滞納などの記録がないか調査され、数時間から1日程度で完了します。クレジットカードなども同様の与信審査が行われています。

万が一、「超あと払い」を使用して支払いの遅延が続くと、信用情報機関に5年間は記録が残り、今後の信用情報に影響を及ぼす可能性があります。

ペイディの超あと払いを利用するデメリット

  • 手数料が掛かる
  • スピード便が利用できない
  • 払い忘れる可能性がある
  • 支払いの遅延が続くと信用情報に影響が出る
  • ショップリスト以外では利用できない

超あと払いは、お買い物をするたびに手数料が掛かります。支払いは3ヵ月後にまとめて支払うことができますが、決済をするたびに手数料が発生しますので、手数料の負担が気になる人は、まとめて注文するようにしましょう。

超あと払いは審査が必要なため、スピード便対象の商品を購入した場合でも、翌日にお届けにはなりません。急ぎの場合は、ほかの決済方法を検討してください。

超あと払いは、3ヵ月後の支払いのため、払い忘れる可能性があります。支払い月の1日から3日の間にメール・SMSで請求案内のメールが届きますが、普段からメールチェックを後回しにする人は対策が必要です。リマインダーを設定する、支払い方法を口座振替にするなどして支払い忘れを防止しましょう。

支払いが遅れると、信用情報に傷がつき、クレジットカードの作成やローン審査などにも影響します。5年間は記録が残るので、くれぐれも気をつけましょう。

ペイディの超あと払いを利用するメリット

  • 商品を確認してから支払えるため安心
  • クレジットカードがなくてもあと払いができる
  • 支払いの準備は3ヵ月後まででOK

超あと払いは、商品が届いたことを確認してから支払いができるため安心です。支払い後に、商品が届かない等の心配はありません。

さらには、クレジットカード不要で支払いを遅らせることができます。クレジットカードを作ることや使うことに抵抗がある人にもおすすめの決済方法です。

今すぐ欲しいものがあり、来月までお金の準備ができない場合などにも、超あと払いは重宝します。分割あと払いは、翌月または当月から支払いが発生し、利息や支払い手数料がその都度掛かる場合があります。超あと払いは、3ヵ月後にまとめて1度で支払うことができます。

ペイディの超あと払いの利用までの流れをご紹介

  1. ショップリストで商品を選ぶ
  2. 初めての人はショップリストの「新規会員登録」をする
  3. お支払い方法で「超あと払い」を選び、「決済へ進む」をタップ
  4. メールアドレスと携帯電話番号を入力
  5. 4桁の承認コードが届くので、コードを入力する
  6. 氏名、生年月日、住所を入力する
  7. 支払い内容を確認した後「お支払いを確定」を選択

その後ペイディによる審査が行われ、数時間から1日程度で完了します。審査中の場合、マイページ注文履歴で、審査中と表示され、審査が完了し問題がなければ商品発送準備へ進みます。

審査に落ちた場合は「ご注文に関して」という件名のメールが届きます。

また、注文履歴で「注文停止中」と表示されている場合は審査落ちとなっていますので、ほかの支払い方法を選択してください。

支払い方法に「超あと払い」がない

購入画面で「超あと払い」のお支払い方法がなく選べない場合は、過去の取引状況等で、利用制限されている可能性があります。その場合は、ほかの決済方法を選ぶ必要があり、期限までに変更しなかった場合は自動キャンセルとなります。

3ヵ月経たないと支払いができない?

「3ヵ月待たなくても支払う準備ができたので、忘れないうちに支払いたい」と考える人もいると思います。その場合は、お買い物をした2ヵ月後の月初に利用情報がアプリの明細に表示されます。表示されると、「すぐ払い」で支払うことが可能です。その際の支払い方法はコンビニ払いのみとなります。

「超あと払い」を賢く利用してお買い物を楽しもう

ペイディの「超あと払い」は、ショップリストでのみ利用できる決済方法です。購入した商品を確認した後で支払いができるため安心です。クレジットカードを持っていない方でも利用でき、支払いは3ヵ月後にまとめて一括で払うことができますが、賢く利用するためには以下の点に注意が必要です。

  • できるだけまとめて注文する
  • 支払いを忘れない

手数料が気になる方は、一度にまとめて商品を注文することで、決済手数料を抑えることができます。超あと払いは、審査があるため発送まで時間が掛かります。急ぎの場合は、他の決済方法を検討しましょう。支払い方法は、コンビニ払いまたは口座振替を利用すると支払い手数料が発生しません。支払いを忘れないよう、リマインダーを設定するなどして支払い忘れを防ぐことが重要です。支払いが遅れると信用情報に影響が出るため、遅れないようにしましょう。

「超あと払い」は過去の取引状況によっては利用できないこともあるため、その点も確認しておきましょう。

以上を踏まえて、「超あと払い」を上手に活用することで、お買い物をより楽しく、安心して行うことができます。手数料や支払いのリスクをしっかりと理解した上で、賢く利用しましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ多数のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次