ペイディに登録できない問題と解決策|代わりになる後払いアプリも紹介!

ペイディに登録できない問題と解決策|代わりになる後払いアプリも紹介!

近年、スマートフォンを活用したお買い物がますます便利になってきました。

その中でも、注目を集めているのがペイディというあと払いサービスです。

しかし、ペイディの登録手続きで問題が発生することもあります。

本記事では、ペイディが登録できない問題について一般的な原因と解決策をご紹介します。

目次

ペイディの登録手順についておさらい

まずは、ペイディの登録手順について紹介します。

ペイディの登録手順は、アプリをダウンロードし、メールアドレスと電話番号を入力し、SMSで届く4桁の数字を入力し、パスワードを設定すると登録が完了です。

さらに本人確認をすることで、分割手数料無料(口座振替、銀行振込のみ)の3・6・12回あと払い、Visaマークのお店でお買い物が楽しめるペイディカード、予算設定機能など、便利な機能が使えます。

身分証明書による本人確認を徹底することで、詐欺・なりすまし行為を防止し、安心してお買い物が楽しめます。

ペイディに登録できない原因と解決策

ペイディが登録できない問題の原因はさまざまですが、以下のいくつかがよく見られます。

  • スマートフォンの非対応
  • 入力情報の不備
  • サーバーの問題など

これらの原因に対する解決策を次にご紹介します。

解決策①スマートフォンの対応確認と設定  

ペイディの利用には、スマートフォンやパソコン、タブレット端末(一部未対応機種あり)が必要で、アプリの推奨動作環境は、iOSでは12.0以上、Androidでは7.0以上です。

また、利用時には本人認証のためにSMSが送信されるので、SMSを受信できる環境が必要です。

ペイディは主要なブラウザを複数のバージョンで動作確認しながら開発を進めていますが、セキュリティ関連のアップデートが終了したブラウザはサポート対象外となっています。

以上がペイディの利用に関する基本情報です。

ペイディが登録できない場合、 自分が使っているスマートフォンがペイディに対応しているか確認しましょう。

もし対応していない場合は、別のデバイスを利用するか、最新のOSにアップデートすることを検討しましょう。

また、設定に問題がある可能性もあります。

SMS拒否設定をオフにしたり、ペイディのアプリを再インストールしたり、キャッシュをクリアすることで問題が解決することがあります。

解決策②入力情報の正確性と追加手続き

登録情報の正確性は非常に重要です。

メールアドレスと電話番号の入力内容を再度確認し、誤りがないか確認しましょう。

また、本人確認書類の写真を撮影する際にも、クリアで正確な画像を提出することが必要です。

もし必要な情報が欠けている場合は、追加の手続きを行いましょう。

解決策③サポートへの問い合わせ  

解決策1と2を試しても問題が解決しない場合は、ペイディのお問い合わせフォームかペイディカスタマーサポートに電話をしましょう。

電話番号:0120-971-918(無料)

お問い合わせ対応可能時間は平日10:00〜18:00までとなっています。

問題を詳しく説明し、迅速な対応を求めましょう。

ペイディを登録できない時におすすめのアプリ3選

ここからペイディを登録できない時におすすめのアプリを紹介します。

メルペイ

メルペイは、日本の大手フリマアプリ「メルカリ」が提供する電子決済サービスです。

メルペイは、スマートフォンを使って簡単かつ安全に支払いを行うことができるシステムであり、ユーザーにとって便利な決済手段として人気を集めています。

メルペイの主な特徴の一つは、使い勝手の良さです。

登録は簡単で、メルカリアプリ内でアカウントを作成することで利用することができます。

また、メルカリでの取引以外にも、提携店舗やオンラインショッピングサイトでも利用することが可能です。

さらに、メルペイアプリ内にはポイント管理機能も備わっており、利用するたびにポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、次回の支払い時に利用することができるため、お得感を感じることができます。

もう一つの魅力は、安全性の高さです。

メルペイでは、個人情報や取引データを暗号化して保護し、安全な取引環境を提供しています。

また、利用者本人確認のための手続きもあり、不正利用や詐欺からの保護も徹底しています。

これにより、利用者は安心してメルペイを利用することができます。

さらに、メルペイは便利な機能を提供しています。

例えば、友達との送金が簡単に行える「メルペイ送金」機能や、QRコードを使った支払いが可能な「メルペイコード」機能などがあります。

これらの機能により、日常生活での支払いや送金がスムーズに行えるだけでなく、ポイントの利用や特典の受け取りも容易になります。

メルペイは、利用者にとって便利で安全な電子決済サービスであり、日本国内で幅広い店舗やサービスで利用されています。

PayPay

PayPay(ペイペイ)は、ソフトバンクグループとヤフーが共同で展開している日本のスマートフォン決済サービスです。その便利な機能やキャンペーンなどを通じて、多くのユーザーから支持を集めています。

PayPayは、一般的なスマートフォン決済と同様に、加盟店での支払いに利用することができますが、それだけでなく公共料金や携帯電話の料金支払い、インターネットでのショッピング、アプリ内での購入など、幅広い場面で活用できます。

さらに、PayPayアプリ内にはQRコード決済やバーコード決済などの便利な機能も搭載されており、スムーズかつ迅速な支払いが可能です。

PayPayは普及に向けた積極的な取り組みも行っています。

キャッシュレス・ポイント還元事業や地域振興事業などへの協力、利用者の声を取り入れた機能改善など、ユーザーに寄り添ったサービスの提供に努めています。

PayPayは、スマートフォン決済の普及促進やキャッシュレス社会の実現に貢献しているだけでなく、ユーザーにとっても便利で魅力的な決済手段として定着しています。

バンドルカード

バンドルカードは、誰でも使えるVisaプリペイドカードアプリです。

利用者は事前にチャージした金額を利用することができ、現金を持ち歩かずに便利に支払いやショッピングを行うことができます。

バンドルカードは審査や年齢制限がなく、Visa加盟店での利用が可能です。

アプリをダウンロードするとネット決済で利用でき、別途でリアルカードを発行すれば実店舗でも使えます。

さらに、バンドルカードはセキュリティ面でも優れています。

カードの盗難や紛失時には、すぐに利用停止することができるため、不正利用のリスクが低くなります。

バンドルカードは、その利便性と多機能性から、多くの人々に利用されています。

現金の持ち歩きを減らしたい方や、クレジットカードを持つことができない方にとって、便利な決済手段として活用されています。

ペイディが登録できない問題と解決策 についてのまとめ

ペイディの登録できない問題には、スマートフォンの非対応、入力情報の不備、サーバーの問題などが一般的な原因として挙げられます。

解決策としては、まずスマートフォンが対応しているか確認し、設定に問題がないか確認することが重要です。

また、入力情報の正確性を確認し、必要な情報が欠けていれば追加手続きを行うことも必要です。

問題が解決しない場合は、ペイディのサポートに問い合わせることもできます。

ペイディが登録できない場合には、代わりにメルペイやPayPayといった他の便利なアプリを利用することもおすすめです。

これらのアプリはスマートフォン決済を簡単かつ安全に行うことができ、ポイントや特典などの利点もあります。

また、バンドルカードも利用範囲が広く、セキュリティ面でも優れています。

これらのアプリやカードは、日常生活での支払いやショッピングをスムーズに行うための便利な選択肢となるので、状況に応じて利用してみてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、VISAの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次