ペイディあと払いプランApple専用のデメリットと対処法を解説

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちた理由は?基本情報や審査までの流れなどを解説

ペイディあと払いプランApple専用は便利な後払い決済アプリですが、そのデメリットについて懸念されている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、これらのデメリットと効果的な対処法を詳しく解説します。

また、代替サービスも紹介しているので、決済方法の選択肢に困りません。

ペイディあと払いプランApple専用の利用を検討している方や、より良い決済方法を探している方には必見の内容です。

目次

ペイディあと払いプランApple専用のデメリットと対処法

ペイディあと払いプランApple専用には大きく5つのデメリットがあります。しかし、対処方法を知ることで問題なく利用することが可能です。

  • 支払い期日を過ぎると遅延金が発生する
  • 利用可能金額を超えるものは購入できない
  • 審査に落ちると再申請できない
  • 購入時にも審査がある
  • 口座振替以外は手数料がかかる

しかし、対処方法を知ることで問題なく利用することが可能です。

デメリット1|支払い期日を過ぎると遅延金が発生する

ペイデイあと払いプランApple専用の支払いが遅れると、支払日の翌日から年率14.6%の遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、滞納が延びれば延びるほど加算されていきます。

支払いが遅れないためにも、毎月請求月の12日の前日までに、支払い用口座に十分な残高を確保してください。

また、どうしても支払いが遅れそうな場合は事前にカスタマーセンターに連絡し、支払い日や支払い方法を相談しておくと良いでしょう。

お金がないからと言って、支払いを先延ばしにするのは絶対にいけません。

デメリット2|利用可能金額を超えるものは購入できない

ペイデイあと払いプランApple専用では、利用可能金額が事前に設定されており、これを超える購入はできません。

利用可能金額はペイディによる審査で決定されます。

利用可能金額を超えないように、購入前には予算を計画的に管理し、必要に応じて他の支払い手段を用意することが重要です。

現時点で利用金額の限度額を上げる明確な方法は存在しません。

しかし、利用状況によって変更される場合があります。

審査通過後も、購入前には利用金額を確認しておくことが重要です。

デメリット3|審査に落ちると再申請できない

 ペイディあと払いプランApple専用の申し込みには審査があります。

審査に落ちてしまうとその後の再申請はできません。

審査に通るためには、まず信用情報の確認と改善(過去に金融事故を起こしている場合)をしておきましょう。

安定した収入の証明、本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証)の正確な提出が必要となります。事前に準備しておきましょう。

これらの準備を整えることで、審査に落ちるリスクを最小限に抑えることが可能です。

審査に落ちないためにも準備を万全にしておきしましょう。

デメリット4|購入時にも審査がある


ペイディあと払いプランApple専用では、購入の都度審査が行われます。

利用可能金額内であっても、必ず購入できるとは限りません。

避けるべき買い方は以下の3点です。

  1. 同じ商品を大量に購入する
  2. 換金性の高いものを連続購入する
  3. 毎月の利用金額を限度額まで使い込まない

これらの買い方は転売を疑われ、購入時の審査落ちの要因になり得るのでしないようにしまましょう。

また、アプリやサイトのシステムエラーの可能性があるときは、再起動します。

上記で解決できない場合は公式サイトのサポートページから問い合わせてください。

デメリット5|口座振替以外は手数料がかかる

ペイディあと払いプランApple専用では、3種類の支払い方法があります。

そのうち、口座振替は手数料がかかりません。特に理由が無い限り口座振替にしましょう。

また、銀行振込やコンビニ払いでは、金融機関や支払い金額に応じて手数料が異なるため、事前に確認することが大切です。

手数料を避けるためにも、口座振替を選択しましょう。

ペイディあと払いプランApple専用のデメリット解消!代替サービス3選

次に解説するのは、ペイデイあと払いプランApple専用の代替サービスです。

各サービスの利用のしやすさ、支払い手数料、利用金額の面で代替えできるサービスを3つ厳選し、ペイディApple専用との比較を表にまとめました。

代替サービス審査時間限度額分割手数料
ペイディあと払いプランApple専用即時50万円程度0円
オリコのAppleショッピングローン2営業日800万円程度24回まで0%
30回以上6.59%~13.30%
ペイディカード最短5分20万円程度3回以上で15.0%
メルペイスマート払い数時間~3日程度30万円程度15.0%

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちたり限度額が足りなかったりした時に、代替サービスを検討してみてください。

代替サービス1|オリコのAppleショッピングローン

オリコのAppleショッピングローンとペイディあと払いプランApple専用の比較をしてみると、そこまで違いはありません。オリコは24回までの分割払いであれば、手数料も無料です。

一つ、決定的なポイントは決済のスピードです。ペイディあと払いプランApple専用は即日決済ですが、オリコは数日かかります。

これらを加味しても最も近い代替サービスと言えるでしょう。

代替サービス2|あと払いペイディ

ペイディあと払いプランApple専用の代わりに、ペイディカードの利用も検討してみてください。

限度額は20万円程度、手数料0円の3回あと払いが利用できます。

代替サービス3|メルペイスマート払い

メルペイスマート払いは、メルカリが提供する後払いサービスです。

メルカリアプリで「アプリでかんたん本人確認」および「お店でも使えるメルペイスマート払い」を設定してください。

後払いの限度額はメルカリの利用実績で決まり、1万円~30万円程度を翌月末の一括払いあるいは毎月の定額払いにできます。

ペイディあと払いプランApple専用のデメリットは対処法or代替サービスで解消

本記事ではペイデイあと払いプランApple専用のデメリットと代替サービスを紹介しました。

これらの情報を活用することで、ペイディあと払いプランApple専用をより効果的に利用することができるでしょう。

また、紹介した代替サービスを利用することでペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちても安心して商品を購入することができます。

状況に応じてあなたに合ったサービスを利用していきましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、VISAカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次