ペイディの引き落とし日はいつ?請求額が用意できない場合などの対処法を解説

ペイディの引き落とし日はいつ?請求額が用意できない場合などの対処法を解説

ペイディは、メールアドレスと携帯番号だけで簡単に後払い決済が出来るので、クレジットカードを持たない若者を中心に利用者が増えています。

支払い方法は、コンビニ払い、銀行振込、口座振替が選べますが、その中でも口座振替は、口座登録をすることで支払い手数料¥0と余計な金額もかからず、支払いに行く手間も省けるというメリットがあり、利用している方も多いのではないでしょうか?

それでもうっかり残高不足、ということが無いように気を付けなければなりません。

口座振替を利用している方も「いつ引き落としだったかな?」「買い物し過ぎてお金が用意できない!」と焦ることが無いよう、その対処法を詳しく解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

目次

ペイデイの引き落とし日を確認

ペイディの引き落としは、毎月12日に前月利用分の請求が行われます。

12日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日です。

ただし、1月及び5月請求の引き落としは通常と異なり、20日(金融機関休業日は、翌営業日)になる場合があるので注意してください。

請求金額は、引き落とし月の1日13:00までに確定され、ペイディアプリまたは、ウェブ版のMy Paidyで請求金額を確認することが出来ます。

また、1日~3日の間にメールやSMS(ショートメッセージ)でも「請求金額のお知らせ」が送られてくるので、金額を把握し、引き落とし日の前日までに預金残高をしっかり確認しておきましょう。

ペイディの引き落とし日に請求額が用意できないとどうなる?

万が一、残高不足などで引き落としが出来なかった場合でも再引き落としはされません。

その場合、引き落とし日の3~5日後に登録されたメールアドレス宛にコンビニまたは、銀行振込での支払い案内が送られてきます。

案内の指示に従いコンビニ払いか、銀行振込の選択をして期限内に支払いをしてください。

支払いが遅れると延滞料金がかかるだけでなく、ペイディの利用も制限されてしまいますので注意しましょう。

さらに延滞が長期になると、強制解約やブラックリストに載ってしまう可能性があります。

そうならないためには早めの対策が必要です。

ペイディの引き落とし日に間に合わなかった場合の対処法

  • コンビニまたは、銀行振り込みで支払う。
  • 分割払いに変更する。

ペイディの引き落とし日に間に合わなかった場合には、上記のような対処法を早急にする悲痛ようがあります。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

コンビニまたは、銀行振り込みで支払う

口座振替が出来なかった場合でも、再振替は施行されません。

引き落とし日以降(3~5日後)に届くメールの内容を確認し、案内に従ってコンビニ、または銀行振込での支払いを期日内に済ませましょう。

なお、その際にかかる手数料は、自己負担となります。

不要なお金をかけないためにも、出来るだけ引き落とし日に間に合うような準備が必要です。

分割払いに変更する

「今月買い物し過ぎたな」と思ったら、1回払いで購入したものに限り、後から1・3・6回払いに変更出来ることはご存じでしょうか。

ただし請求金額が確定する前でなくてはいけません。

つまり、末日までに手続きを済ませる必要があるということです。

この手続きを行うには、事前にペイディプラスにアップグレードしたうえで、本人確認(マイナンバーカードや運転免許証)の登録が必要になります。

なお、分割回数はショップにより異なりますので注意してください。

分割払いに変更することにより翌月の支払額は少し軽減されます。

しかし、当たり前ですが分割にした分は翌月、翌々月と支払いが残りますので覚えておきましょう。

ペイディの引き落とし日に請求額をどうしても用意できない場合は?

前述で説明した通り、引き落としに間に合わなくてもコンビニ払いや銀行振込で対処することができます。

しかし、支払いが遅れることによって生じるリスクもありますので、そのような事にならないためにも事前の対策が必要です。

対策法としては、家族や知人にお金を借りる、不用品を売ってお金にする、もしくは日雇いのバイトでお金を稼ぐことでしょうか。

それでも家族や知人にお金を借りるのに抵抗がある方もいますよね。

そんな方は、カードローンを利用する方法もあります。

ペイディの引き落とし日に請求額が用意できない場合におすすめのカードローン3選

どうしても請求額が用意できない方は、カードローンを利用するのも一つの方法です。

即日借入可能なカード会社を紹介していきますので参考にしてください。

1.プロミス

  • 最短20分で融資可能
  • Webで申し込み完結できる
  • 30日間利息0円

安定した収入がある方にお勧めです。

借入できるか心配な方も最短15秒でチェックできます。

申し込みから借入まで最短20分で指定の口座に振り込み可能です。

また、WEBで申し込みすれば来店の必要もなく、50万円以下の借入は本人確認のみで申し込みできます。

実質年率は4.5%~17.8%、初めての利用なら30日間利息がかからないのも安心です。

インターネット振込を利用すれば土日祝日、夜間を問わず最速10秒で振込してくれます。

借入、返済は、WEBやコンビニATMでできるので便利です。

2.SMBCモビット

  • 最短30分で融資可能
  • Webで申し込み完結できる
  • 24時間振込対応

誰にも知られず借入したい方にお勧めです。

Webで申し込みをすれば職場への在籍確認もなく、職場バレの心配もありません。

簡単審査は10秒で確認でき、申し込みから最短30分で登録した金融機関に振込してくれます。

審査通過後は、24時間振込対応をしているのでいつでも借入が可能です。

また、Tポイントを利用している方は、返済でポイントが貯まりポイントを利用した返済もできるので便利です。

3.アイフル

  • スマホひとつで申し込み完結
  • アプリダウンロードでスマホがカードになる
  • 初めての利用なら最大30日間利息0円

スマホがあればカードを持たなくても、便利に利用できます。

申し込みから借入までがWebで完結出来、最短20分で融資可能です。

職場への連絡もなく、郵便物も一切ないので誰にも知られる心配もありません。

初めての利用なら、最大30日間利息0円で借入できます。

スマホにアプリをダウンロードすれば、カードがなくても、セブン銀行やローソン銀行、提携ATMで借入できるので便利です。

返済方法も「口座振替」「銀行振込」「コンビニATM」「提携ATM」と自分のスタイルで選べます。

まとめ

これまで、ペイディの引き落とし日の確認から、請求額が用意できない時の対処法を説明してきました。

ペイディは、カードがなくても気軽に後払い決済ができる便利な機能ですが、「後払いだから」とつい買い物し過ぎて、支払いの段階で焦ることになりかねません。

結論から言うと、もし引き落とし日に間に合わなくても銀行振り込みやコンビニ払いで対処できます。

しかし、引き落としが出来ないことが続いたり、支払いを無視し続けていることで、ペイディの利用できなくなったり、最悪ブラックリストに登録されるリスクも生じます。

そのような事態を回避するために、利用時に必ず金額をメモしたり、事前に利用金額を設定したりすることで事前対策をしておきましょう。

ペナルティなく便利に利用するために、事前対策で賢く買い物を楽しんでくださいね。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ3点以上のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次