ペイディの本人確認ガイド|スムーズな利用のために知っておきたいポイント

ペイディの本人確認ガイド|スムーズな利用のために知っておきたいポイント

これからペイディを使うか検討している方の中には、ペイディの本人確認について不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では、ペイディの本人確認について詳しくご説明いたしますので、ぜひお読みください。

ペイディの本人確認を行うことで、さらなるセキュリティ強化やお得なお買い物を実現できます。

では、具体的にペイディの本人確認はどのような手続きなのか、簡単な流れをご紹介します。

その後、本人確認のメリットや、よくある問題の解決策についても触れていきます。

目次

ペイディの本人確認とは

ペイディでは、利用者が安心して買い物を楽しむために、本人確認手続きが必要です。

本人確認をすることで、お得な特典や便利な機能を利用することができます。

また、詐欺やなりすまし行為を防止するための重要な手段でもあります。

ペイディでの本人確認の必要性

ペイディで本人確認を完了すると、分割手数料無料(口座振替、銀行振込のみ)の3・6・12回あと払いや、Visaマークのお店でお買い物が楽しめるペイディカードなど、特典が得られます。

さらに、身分証明書による本人確認をすることで、詐欺やなりすまし行為を防止し、安心してお買い物を楽しむことができます。

ペイディの本人確認に必要な書類

本人確認書類として受け付けられるものの例示

ペイディの本人確認として利用できる書類は、運転免許証とマイナンバーカードの2つです。

マイナンバーカードの通知カードは顔写真がないため使えないので、注意してください。

ペイディの本人確認手順

ペイディの本人確認手順は以下の通りです。

  1. ペイディアプリをダウンロードする。 
  2. アプリを開き、「アカウント」「本人確認する」の順に選択する。
  3. アプリの案内に従って、本人確認書類と顔写真を撮影する。 
  4. 必要事項を記入する。 

ペイディの本人確認の審査に関する情報

審査の期間

ペイディの本人確認は最短5分で完了します。

その後、数分以内に結果の連絡がメールが届きます。


深夜25:00以降(日曜日のみ22:00以降)に申し込みの場合は、結果の連絡が翌朝8:00以降になるので注意してください。

ペイディの本人確認済みアカウントのメリット

本人確認を完了すると得られる利点

本人確認をすることで、分割手数料無料(口座振替、銀行振込のみ)の3・6・12回あと払い、Visaマークのお店でお買い物が楽しめるペイディカード、予算設定機能など、便利な機能が使えます。

さらに身分証明書による本人確認を徹底することで、詐欺・なりすまし行為を防止し、安心してお買い物が楽しめます。

3・6・12回あと払い

3回あと払いは、1回のお買い物につき3,000円以上、Amazonの場合は3円以上のお支払いで利用可能です。

3回あと払いが使えないお店についてはこちらをご確認ください。


6回あと払いは、1回のお買い物につき6,000円以上、Amazonの場合は6円以上のお支払いで利用可能です。
6回あと払いが使えるお店についてはこちらをご確認ください。

12回あと払いは、1回のお買い物につき12,000円以上のお支払いで利用可能です。
12回あと払いが使えるお店についてはこちらをご確認ください。

ペイディカード

ペイディカードとは、Visaマークのあるお店で、ペイディをご利用いただけるサービスです。


ペイディカードには、即日・無料で手に入るバーチャルカードと、実際のお店で使用できるリアルカードの2種類があります。

バーチャルカードは、オンラインショッピングやスマートフォン決済、交通系ICカードの支払い方法に登録して利用することができます。

Visaマークのあるネットショップでは、バーチャルカードをクレジットカードとして使用することができ、最短5分で発行が可能です。

通常のペイディと同様に、翌月までの後払いや3回の分割払いも利用できます。

ただし、ペイディカードの3回払いを利用する場合は、店舗での購入時に分割払いを選択せずに一括払いで購入し、後からペイディアプリで3回払いに変更する必要があります。

リアルカードを発行すると、実際のお店でVisaマークがある場所でも利用することができます。

リアルなカードを手に入れて、さまざまなお店でのお買い物を楽しんでください。

予算設定機能

本人確認が完了すると、予算設定機能がご利用いただけるようになります。

この機能は、ペイディの利用額をコントロールするために、自分で予算を設定できる機能です。

設定した予算を超えた場合には、メールやアプリのプッシュ通知でお知らせします。

これにより、ペイディを使いすぎてしまうことを防ぐことができます。

予算設定は、ペイディアプリのホーム画面から「予算を設定する」を選択することで行えます。

ただし、予算を超えても決済は行われるため、ご注意ください。

予算は、表示されているご利用可能額を最大として設定できますが、決済の承認を保証するものではありません。

予算設定は、ペイディの利用をコントロールする手段としてご活用ください。

ペイディの本人確認によくある問題と解決策

本人確認でよく起こる問題とその対処法の提案

ペイディで本人確認を行うと問題が発生する場合があります。

ここでは、ペイディの本人確認時に発生する問題の対処法について解説します。

本人確認でエラーが出る

ご利用のスマートフォンが本人確認手続きに対応しているかどうか、確認してください。

本人確認に対応しているOSや端末の一覧はこちらをご覧ください 

もし対応している端末をお使いの場合は、アプリを再インストール、スマートフォンを再起動、OSのバージョンを更新したりするなどの方法を試してみてください。

問題が解決しない場合は、ご利用の機種やOS、具体的な状況を詳細に記載し、お問い合わせフォームからご連絡ください。

本人確認時に誤った情報を入力してしまった

ペイディでは本人確認時に提供した情報を基に審査が行われます。

入力内容に誤りがあっても、審査の結果は変更することができないので、注意してください。

本人確認を行ったのに完了の連絡がこない

提供した情報に不備がある場合や、追加の情報が必要な場合など、本人確認が完了しない場合があります。

そのような場合には、メールで連絡が届くので、必要な手続きを再度確認の上、再申請をしてください。

本人確認の撮影がうまくできない

本人確認の撮影がうまくできない場合は、本人確認でエラーが出るときと同じ対応となります。

まずはご利用のスマートフォンが本人確認手続きに対応しているかどうか、確認してください。

本人確認に対応しているOSや端末の一覧はこちらをご覧ください 

もし対応している端末をお使いの場合は、アプリを再インストール、スマートフォンを再起動、OSのバージョンを更新したりするなどの方法を試してみてください。

問題が解決しない場合は、ご利用の機種やOS、具体的な状況を詳細に記載し、お問い合わせフォームからご連絡ください。

ペイディの本人確認に関するまとめ

ペイディの本人確認はお得に買い物をしたり、安心した買い物や詐欺防止に重要です。

本人確認済みアカウントでは、分割手数料無料やペイディカードの利用、予算設定機能も利用できます。

問題がある場合は対応端末やアプリの再インストールを試すか、お問い合わせフォームから連絡してください。

ペイディの本人確認は運転免許証かマイナンバーカードがあれば5分程度で済むので、本人確認を行って、便利なお買い物体験をしてみてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、ウルトラペイの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次