ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちた理由は?基本情報や審査までの流れなどを解説

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちた理由は?基本情報や審査までの流れなどを解説

ペイディあと払いプランApple専用は、Apple製品を分割払いで支払うことができるペイディのサービスです。支払い回数は商品によって決まっていますが、支払い方法が選べ、手数料がかからないことが魅力です。しかし、便利な分「審査が厳しい」「秒で落ちた」という声もあるようです。

ペイディでは明確な審査基準を公開していないので、審査に落ちてしまっても理由がわからないのが現状です。

そこで、今回はペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちてしまった理由について詳しく解説していきます。

目次

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちた!考えられる理由や審査基準は?

口コミなどから考えられる審査に落ちた理由や審査基準は以下の通りです。

  • 信用情報に瑕があったから
  • 口座振替の設定をしていなかったから
  • ペイディを利用したことがなかったから
  • 学生や主婦、無職やフリーターであったため
  • 申し込み時に誤った情報を入力したから
  • 申し込める条件を満たしていなかったから

審査に落ちたということは、ペイディが「この人にはサービスの利用をさせられない」と判断したからです。

では、ペイディが利用者のどこを見て判断しているかというと、信用情報だけ……ではありません。そのため、きちんと支払いをしている人や他のカード会社の審査に通った人でも審査に落ちてしまうケースがあります。

もちろん、信用情報が白ではない時点で不利であるといえますが、信用情報がブラックの人や、無職の人も通ったケースがあるため、絶対に落ちるというわけではありません。

また、「ペイディを使って高額の買い物をした実績を作っておいたら通った」という声もあったので、一度もペイディを利用していない人は先に実績を作っておくと通りやすくなる可能性があります。

このように、普段の利用履歴も判断基準となるようですので、日頃から期限を守って計画的な使い方をしましょう。

【基本】ペイディあと払いプランApple専用とは?

そもそもペイディあと払いプランApple専用とはどんなサービスなのでしょうか。

このサービスは、iPhoneなどのApple製品を分割払いにすることができる、Apple製品を定期的に購入するユーザーにおすすめの購入方法です。

支払い方法に「口座振替」または「銀行振込」のどちらかを選べば、分割手数料なく支払いができます。

支払い回数は商品に応じて3回・24回・36回と決まっており、古い機種を下取りに出せば、その分の価格が購入価格から引かれるため、定価以下で購入することが可能です。

さらに、iPhoneは基本36回払いですが、24カ月目に新しいものに買い替えれば残額の支払いが不要になることもあります。元々Apple StoreにあるiPhoneは、大手キャリアから販売されている同じiPhoneよりも約15%ほど安く販売されているので、これらを活用すればかなりお得にiPhoneを購入することができます。

利用するためには、簡単な申し込みを行い、審査に通る必要があります。結果はメールおよびSMSで届きます。

Apple製品は高額なものが多いためか、審査は厳しいと言われています。

ペイディあと払いプランApple専用の審査結果が出るまでの流れと利用条件を紹介

ここで、改めてペイディあと払いプランApple専用の審査結果が出るまでの流れと、申し込みができる人の条件を紹介します。

落ちた原因が見つかるかもしれませんので、読んでみてください。

①ペイディアプリをインストールし、本人確認を行う

ペイディあと払いプランApple専用を利用するためには、ペイディアプリで事前に本人確認書類を登録しておく必要があります。

「本人確認書類」とは運転免許証またはマイナンバーカードのことで、このどちらかと顔写真を撮影し、必要事項を入力することで簡単に手続きは完了します。

また、もしここで余裕があるなら、あと払いなどを使って実績を作っておくことをおすすめします。

②Apple商品を購入する前に「ペイディあと払いプランApple専用」に申し込む

ペイディあと払いプランApple専用の「今すぐ申し込む」をタップし、必要事項を記入するだけで申し込みは完了します。

ただし、この審査に落ちてしまった場合、二度と申し込むことはできませんので、間違いがないよう慎重に記入しましょう。

③審査結果が届く

審査結果はメールまたはSMSで通知されます。

結果は早い場合数分後、深夜25時以降または日曜日の22時以降に申し込んだ場合は、翌朝の8時以降に届きます。

審査に通った場合、アプリのホーム画面から「ペイディあと払いプランApple専用」をタップすると利用可能額を確認することができるようになります。

そのため、審査に通っても利用可能額内の製品しか購入することができません。ただし、利用可能額を守れば何度でも利用することができます。

この利用限度額は審査で決まるため、利用者それぞれで異なります。他のサービスの限度額とは別物で、利用者本人が限度額を決めることはできません。

ペイディあと払いプランApple専用の利用条件

そもそも、ペイディあと払いプランApple専用は、誰でも申し込めるわけではありません。

以下のように申し込み条件が決まっています。

  • 18歳以上である
  • 日本で発行された携帯番号を持っている
  • 日本に在住している

日本在住でない場合は、有効な日本の住所を持っていれば申し込むことができます。

また、申し込みを行う際にはメールアドレスと本人確認書類が必要になります。

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちたらどうすればいい?

「ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちると、アプリ内の「Apple専用」の表示がなくなり、再申請ができない」という声がありますが、実は、一度審査に落ちてしまうと、二度と申し込みを行うことはできません。

それは、ペイディ公式サイトで以下のように説明されています。

誠に申し訳ございませんが、以前に本人確認またはペイディあと払いプランApple専用の手続きを行って承認されなかった場合、再度お申し込みいただくことはできません。何卒ご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

そのため、一度審査に落ちてしまうと、このサービスを使うことはできないので、他の支払い方法を探すしかありません。

ペイディ以外でApple製品を買う主な方法は以下の通りです。

  • オリコ ショッピングローンを使う
  • 家電量販店のショッピングローンを使う
  • 携帯会社の分割払いを使う
  • クレジットカードの分割払いを使う
  • カードローンを使う

これらの方法は手数料や分割できる回数などが異なりますので、よくよく調べてから検討するようにしてください。

また、Apple公式サイトやApple Storeから購入しない場合は、Apple製品そのものの値段も変わってくるため注意しましょう。

ペイディあと払いプランApple専用の審査に落ちた理由は?まとめ

ペイディあと払いプランApple専用は、賢くApple製品を購入することができるサービスです。その一方で、審査に通りにくい、一度審査に落ちると二度と申し込みができないなどのデメリットもあります。

審査の基準は公開されていませんが、信用情報やペイディの利用履歴が審査に関わってくるようです。

今回挙げたもののいずれかが当てはまっていないか、いま一度確認してみてください。

ペイディあと払いプランApple専用が利用できなくても、それ以外の方法がありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、キャンペーン中のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次