ペイディを滞納しないための対策6選!支払いできないときの対処法も紹介

ペイディを滞納しないための対策6選!支払いできないときの対処法も紹介

ペイディは便利なサービスですが、支払いが「あと払い」なので滞納には注意が必要です。

そこで今回は、ペイディを滞納しないための対策や、支払いできないときの対処法をご紹介します。

ペイディの利用を検討している人や、ペイディ利用者はぜひ参考にしてみてください。

目次

ペイディを滞納しないための対策6選

では早速、ペイディを滞納しないための対策を6つご紹介します。

滞納しないように心がけてペイディを利用しましょう。

ペイディの滞納対策その1「安易な気持ちで利用しない」

ペイディを滞納しないための対策の1つが、安易な気持ちで利用しないことです。

買い物の支払いをあと払いできるのは便利なサービスと言えますが、絶対的に必要なサービスではありません。

「なんとなく便利そうだから」「あと払いなら楽だから」という理由だけで、安易に利用する人ほど支払いを滞納する可能性が高いです。

サービスの仕組みや内容についてもほとんど知らない状態で利用するので、支払い方法が分からなかったり、支払い期日をうっかり忘れてしまったりするケースが多いのです。

なんとなくペイディの利用を考えている人は、滞納リスクを考えて利用しないのが正解です。

支払い方法はペイディ以外にもたくさんあるので、ペイディにこだわる必要はありません。

ペイディの滞納対策その2「買い物するときはよく考える」

ペイディを滞納しないための対策として、利用前に心がけたいのが買い物するときはよく考えること。

支払いをあと払いにできるのはペイディのメリットと言えますが、あと払いだと買い物のハードルが下がるのも事実でしょう。

たとえば、ネットショップでなんとなく欲しくなった物を迷わず購入したり、気が大きくなって高額な商品に手を出してしまったり。

支払いが「あと払い」だと思うと、手持ちに現金がなくても「なんとかなる」と錯覚しやすいのです。

「あと払いだし買ってしまおう」と安易な気持ちで利用すると、いざ支払い期日になってもお金を工面できず、結果的に滞納してしまう可能性は高いです。

ペイディのあと払いは確かに便利なサービスですが、支払いをしなくていいわけではありません。

あとでお金を払わなければならない現実をよく考え、計画的に利用しましょう。

ペイディの滞納対策その3「支払いの目処を立てておく」

ペイディを滞納しないために最も大切なことは、支払いの目処を立てておくことです。

あと払いで支払えるのは便利とはいえ、ペイディは翌月10日(振替の場合は12日)までに支払いする決まりがあります。

つまり、支払い日はあらかじめ分かっているので、購入する時点で「いつまでにお金を用意するか」は考えておくべきです。

支払いの目処を立てずに利用すると、支払い期日になってもお金を用意できない可能性が高いです。

金銭的に余裕がある人なら問題ないでしょうが、そうでない人はお金を工面できず困るのは目に見えています。

あと払いだからといって「あとでお金が入ったら払う」なんて無計画な利用はしないこと。

支払いの目処が立たない場合は、ペイディを利用するのはやめましょう。

ペイディの滞納対策その4「支払いは早めに済ませる」

ペイディを滞納しないためには、支払いは早めに済ませることを心がけましょう。

あと払いなので支払い期日までが長いのがペイディの特徴で、1ヶ月の利用分を支払うのは翌月の10日(振替の場合は12日)です。

余裕を持って支払い計画を立てられるのはメリットですが、うっかり支払いを忘れやすいのがデメリットと言えるでしょう。

支払いをうっかり忘れたのが理由だとしても、支払い期日の翌日から滞納扱いになるのも痛いところ。

そのため、支払いを忘れるのが心配な人は、早めに支払いを済ませてしまいましょう。

支払い日は翌月10日(振替の場合は12日)と決まっていますが、それより前に自分のタイミングで支払いできる「すぐ払い」という支払い方法も選べます。

コンビニを利用すればすぐに支払えるので、支払いを早めに済ませたい人は利用しましょう。

ペイディの滞納対策その5「滞納リスクを頭に入れておく」

ペイディを滞納しないためには、滞納リスクを頭に入れておくことも効果的です。

滞納する人の多くは滞納リスクを知らずに滞納している可能性が高いです。

「危機感がないから滞納する」のも事実で、実際のリスクが分かれば滞納しないように意識して利用できるはず。

通常のクレジットカードや消費者金融のローンなどは、滞納すると大変なことになるイメージがあります。

ペイディの場合は誰でも簡単に利用できるため、クレジットカードや消費者金融とは違うと考えている人もいるでしょう。

しかし、実際のところペイディの滞納リスクはクレジットカードや消費者金融と同じなんです。

滞納を続ければ遅延損害金が発生し、本格的な催促が開始されます。

長期にわたって滞納した場合には、債権が弁護士に移り裁判沙汰になる可能性もあるため、想像以上に大変なことになるということ。

滞納リスクも考えて計画的に利用することが大切です。

ペイディの滞納対策その6「あと払いだけに頼らない」

ペイディを滞納しないためには、あと払いだけに頼らないことも大切です。

利用者にとって「あと払い」は気軽に買い物できる便利なサービス。

たとえ手元に現金がなくても、欲しい物を注文できるのは魅力と言えるでしょう。

しかし、あと払いだけに頼って買い物するようになると、翌月の返済に追われるようになります。

これはクレジットカードも同様で、せっかくお給料が入っても「ほとんどクレジットカードの支払いに飛んでしまう!」なんて人も少なくありません。

利用額によってはペイディのあと払いもクレジットカードと変わりないので、利用には充分気をつけましょう。

ペイディの支払いができないときの対処法

続いては、ペイディの支払いができないときの対処法を紹介します。

お金を工面する方法を考える

ペイディの支払いができないときは、お金を工面する方法を考えましょう。

滞納しないためには、早めに行動することが大切です。

親族・友人からお金を借りる

お金を工面する方法として、親族や友人からお金を借りる方法があります。

それほど大きな金額でなければ、相談すればお金を貸してもらえるかもしれません。

ただし、親族や友人からお金を借りるということは、お金に困っていることもバレるということ。

生活が苦しい姿を見せたくない人や、親族や友人との関係性に影響が出ないか心配な人は他の方法を検討しましょう。

日払いのアルバイトで稼ぐ

お金を借りるのではなくお金を作りたい派の人は、日払いのアルバイトで稼ぎましょう

ペイディは支払い期日が長めに設定されているので、早めに行動すれば日払いのアルバイトのお金で工面できるはず。

ペイディの支払い額が少ない人なら、数日働けば支払い分を稼げる可能性が高いです。

とはいえ仕事を選べる状況ではないので、どんな仕事でもできるという人は検討してみましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する

すでにクレジットカードを所有している人は、クレジットカードのキャッシングを利用するのも1つの手段です。

キャッシング枠に利用可能額がある人は、すぐにキャッシングをしてペイディの支払いに充てましょう。

ペイディを延滞するよりは、キャッシングを利用してでも支払いした方が、信用情報に傷をつけずに済みます。

ただし、クレジットカードにキャッシング枠がない人は、申し込みから利用まで時間がかかる可能性や、あとからキャッシング枠をつけられない可能性があるので注意しましょう。

カードローンでお金を借りる

ペイディを延滞しないためには、できるだけ早くお金を工面する必要があります。

そのためにはカードローンでお金を借りることも検討してみましょう。

カードローンは申し込みから融資までが早いものが多く、即日融資が可能なところも多いです。

支払い期日まで日がないときは、カーローンの利用が手っ取り早いかもしれません。

カードローンには銀行のカードローンと消費者金融のカードローンがあり、融資スピードが早いのは消費者金融のカードローンです。

急ぎの人は消費者金融のカードローンを選びましょう。

ペイディカスタマーセンターに支払い相談をする

支払い期日までの支払いが難しい場合は、ペイディカスタマーセンターに支払い相談をする方法もあります。

支払い期日や今後の支払い計画について、相談に乗ってもらえるかもしれません。

ただし、事前に相談したとしても、支払い期日を過ぎたら滞納になることは変わりありません。

ペイディを滞納したくない人は、お金を工面する方法を先に考えましょう。

まとめ

ペイディを滞納するリスクを考えると、安易な気持ちで利用するのは怖いことが分かったはず。

利用を検討している人は、滞納対策だけはしっかりしておきましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、100万円クレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次